クラブフィッティング|ゴルフフィッティングスタジオZERO

ZEROクラブフィッターの金子です

私が提供させて頂くクラブフィッティングはズバリ!振りやすいクラブのご提供です。

自分のクラブが振りやすいか?振りにくいか?
振りやすさとは適度な重さと適度な硬さを備えたクラブといえます。

人の持つ主観なので、感じ方は一人一人違うはずです
振りやすいと感じる物でなければ結果は伴わないでしょう

最新機器でたまたま最長飛距離が出ようとも振りにくいクラブであれば安定的な結果を得ることはできません。結局は曲がるし飛びません。

データも大切ですが私はまずその人が振りやすいと感じたクラブをご提供させて頂くことを第一と考えます。

振りやすさを研究して行くとシャフトのトルクに行きつきました
自分がヘッドをどの様にロール(回転)させて使うのが振りやすいのか
ほとんどの方がこのロールを使ってないのが現状です。

ロールの扱い方を説明し、そのように動かした時に振りやすいクラブを制作いたします。

具体的には以下のシャフトフィッティングとヘッドフィッティングを行い、最終的に全体のバランス(クラブフィッティング)を調整して仕上げます

シャフトフィッティング

まず感覚調査をします
振りやすさの感覚を調査するため同じヘッドのタイプで異なる重量・硬さのシャフトを打って頂き自分がどう感じるかを調査します。

自分の気づかない感覚が解明されます。

自分は重いと感じると振りにくいとか、柔らかいと感じると振りにくいとか振りやすい傾向が解明されたで後で、解析システムを利用しボール初速・打ち出し角・スピン量など距離に必要なデータを取り出しより良いパフォーマンスが出る数値を求めます。

ヘッドフィッティング

ロール(回転)を助けるのはヘッドの役目
重心位置を変える事によりロールの量を増やしたり減らしり調整します。

さらに調節付き可変ホーゼルを使用すればアングル・ロフト角まで調整します。

自身がレベルUPして行けば必ずロールに歪が出来るので調整は必須です。

重心角や重心深度を変えられるヘッドをオススメして行きます。

精密な計算された振りやすいクラブを提供し長くお客様とゴルフのパートナー
になれれば幸いです

一度ZEROフィッティングを体験して振りやすいクラブを発見してください